美容を考えるなら睡眠をしっかり取る

肌の奥で作られた細胞は約一か月かけて一番上まで上がっていきます。



これを肌のターンオーバーと言います。
ターンオーバーを促すのは成長ホルモンで成長ホルモンは寝ている時に分泌されているので、睡眠不足だとターンオーバーを促す成長ホルモンが不足してしまいます。

肌の生まれ変わりが上手くいかないと肌の劣化に繋がるので美容の事を考えるのならば睡眠は非常に大切です。

goo ニュースの情報はこちらです。

適用な睡眠時間は人によってそれぞれ違います。
6時間ほど寝るのが適用という人もいればそれより短い時間の人もいますし、逆に長い人もいます。大切なのはそれぞれにあった適切な睡眠時間を取る事です。
ストレスは肌にとって悪影響がありますが、寝不足の状態だと人はストレスを感じてしまいます。

成長ホルモンの分泌が正常に行われないどころか寝不足は美容に悪影響を及ぼすストレスまで発生させてしまうので、多忙な人も寝る時間を確保できるように工夫するべきです。

さらに時間を充分に確保するだけでなく、質の高い睡眠を取る事も美容にプラスに働きます。


カフェインは眠りを妨げてたり、眠りを浅くする原因になります。

またパソコンやスマートフォンの液晶の光はブルーライトと言って太陽の光にも含まれる光が含まれている為に脳が錯覚して活動しようとしてしまいます。



その為寝る前に電子機器の使用やコーヒーを飲む習慣がある場合は止めるようにすると良いです。寝る前にはリラックスした状態を作った方が寝やすいので、自分なりにリラックスできるように工夫すると良いです。