睡眠と美容の密接な関係

睡眠と美容には、密接な関係があります。

人間の肌は、眠っている間にターンオーバーが発生します。



少しずつ上へと新しい細胞が押し上げられていき、約4週間程度で一番上までたどり着き剥がれ落ちる仕組みです。
このターンオーバーにて重要な役割を果たす成長ホルモンは、睡眠中に分泌されます。

Girls Channelについての知識を高めてもらうためのサイトです。

寝ている間に肌のターンオーバーが発生し、肌が日々新しくなっているため、美容のためには睡眠が重要なポイントとなります。


そのため、熟睡できない日が続くとホルモンバランスが乱れてしまい肌の調子が悪くなっていきます。
美容のためには、ターンオーバーを整える必要があります。



成長ホルモンは、睡眠中ずっと分泌されているのではなく、眠り始めて約3時間ほどまでの深い眠りの時に作られます。

最初深い眠りの時に質の良い眠りにつけることが一つの条件となります。


そのためには、食事や照明、リラックスなどが関係しています。
カフェインやアルコールなどは、眠りを浅くしてしまうため、寝る前の摂取は控え、牛乳やコラーゲン、ゼラチンなどの寝つきが良くなる効果のあるものを摂るようにします。また、強い光は、脳へと強い刺激を与えることになり、眠りにつきにくくなります。
寝る前には部屋の明るさを押さえたり、テレビやパソコンなどは控えるようにします。リラックスした状態のほうが深い眠りへと入りやすいため、アロマなどの香りや心地よい音楽などを使ってリラックス状態にすることも一つの方法です。